« 建国記念の日(紀元節)にあたって | トップページ | 昭和の日 (aka. みどりの日) を前にして思う事 »

参議院選挙を前にして

今回は国民新党に注目している。小泉−安倍と続いている内閣によって、独立国となるべく目標を捨てて米国の奴隷国家への道を走り続けている。奴隷国家はちょっと言い過ぎではないのかとつっこまれるかもしれないが、実質的には米国の1つの州どころではない、意思を持たない奴隷のような状態である。なぜなら、一定の制約はあるが、州ならば連邦政府に気兼ねせずに独自に州法を決めることができる。しかし、我が国の現状はどうか。
 
早いもので、先の参議院選挙から三年が経った。今回の選挙を踏まえて、それぞれの政党を概観しつつ、なぜ国民新党に注目しているのか述べてみたい。
 
まず、既存の政党である、共産党、社民党、民主党、公明党、自民党について考えてみたい。
 
 
共産党 ================================
 
 先の皇室典範改正問題についてを踏まえると私としては決して容認できない党である。また、ワーキングプア問題が象徴的な格差問題についても、まず労働市場を健全化することが必要であるが、この党は何も独自の法律案や政策の立案を行なっていないように思う。
 
 素人の私が考えるに、派遣業法の改正によって、認可制からネガティブリスト制に変更された事がそもそも始まりであり、その原因の根幹を為しているが、この政党はだされた提案について”反対”を貫く固い信念を持っており、最近で唯一賛成したのは皇室典範改正による皇室の破壊ぐらいである。
 
 しかし、絶望的な選挙区でも律儀に候補を立てる実直さは見習わなくてはならないのかもしれない。とは言うものの、候補を立てずに野党共闘に徹すれば民主党等の野党候補が当選できるかもしれないのに、無党派層の票を割り、みずからの支持者の票を渡さずに、自民党候補以外の候補の勢いを削ぐような態度は、自民党に加担しているようにも映るときがある。極端な話、この党の上層部は自民党とお友達モードで、根っから歯向かうつもりがないのかと勘ぐりたくもなる。もしそうだとすれば、この党ほど、国民、とくに支持者を裏切っている党はないと思う。
 
 
 
社民党 ================================
 
 よくまあ、労働者を下手なウソで騙し続けてきたと思う。そう思うようになったのは、議席数が減ったために政党交付金が激減した際に、党の職員(といえども労働者)をためらいも無く切り捨てた、その態度には、沸々と怒りが込み上げてきた。平素、「労働者の味方!」と口当たりのいい事を公言しておいて、いざ自分の党が危うくなると、議員である自分達は何も削らずに、さっさと職員を削減した態度には唖然としてしまった。さすが、阪神大地震の際に、自衛隊の緊急派遣に躊躇して被災者を見捨てて、みずからの主張を貫いた党だけの事はある。
 
 今回は、”護憲!”を標語に選挙戦に臨むようだが、日米安保破棄を主張しつつも九条護持を唱える、そのバランス感覚のなさには、ふぐの毒以上に痺れるものがある。もし万一、ひょっとして、政権を取った暁は、中国、北朝鮮、ロシアとの集団的自衛権を認めるべきだと主張するのではと妄想してしまう。
 
 また、共産党と同じ皇室典範改正に対する態度を取った以上、私としては選択肢には入らない。
 
 
 
民主党 ================================
 
 この党、はっきり言って、何を目標として何をしたいのか判らない。今回の参議院選挙の立候補者に同性愛支持の人間を加えたり。。。

 そもそも、自民党では主流から外れた人間と社会党の中で万年野党に飽きた人間が、あわよくば政権を取って権力(金銭も含めて)の恩恵に浴したいと、数合わせでできた党のようになってしまったと思う。まず数合わせを考えるから、人気の取れる候補であれば誰でもという印象が強い。中には松原 仁氏、河村たかし氏のように庶民派の議員も抱えているが、党の主流はこれらの議員の主義主張から外れているように思う。なんとなく、かつての社会党のように「とりあえず反対!」を唱える党に成り下がってきた感がある。

 この党、じつは自民党以上に米国帰りの人間を議員候補に立てているような気がするのは偏見だろうか。
しかし、その点を踏まえると、この党が存在している理由が憶測できる。あくまで推定ではあるが、この党は、自民党が米国の言いなりにならなくなった時、あるいは自民党が与党から滑った時のために用意された隠し球ではないのだろうか。得する度合いの違いは在るにせよ、奴らは常にどちらになっても自分たちが得になるように策略を巡らす。

 烏合の衆という印象が強く、例え与党となっても自民党と変わらないように思う。むしろ、今の自民党以上に米国追従の態度を取るような気がする。
 
 
 
公明党 ================================
 
 この党が、創価学会という宗教法人を背景にして勢力を延ばしてくるに従って、日本の政治は混迷を極めて来たように感じる。

 戦後日本の政治における政教分離を決定的に空洞化させたと思う。道鏡という僧侶が、称徳天皇にとりいって、皇位の譲位を迫った事件を思い出す。当時、天皇は権威であり、政治の権力を左右する存在であった。その皇位を一人の僧侶が掠めとらんとしたことは、まさに宗教が政治に介入しようとした最初であり、以来我が国では不文律としても政教分離を目指してきたように思う。
 
 平和を希求する国民の心に付け入って野党として勢力を延ばしたあげく、自公連立で政権を奪取した後は、イラクへの自衛隊の派遣を認めて党としての公約をあっさりと反古にしたのみならず、福祉を推進と唱っておいて、小規模の診療が不利になるように医療制度の改正し、障害者や高齢者への国の補助を削減した。この政党こそ、まさに権力を取ることが目的であって、公約は単に票集めの手段にすぎなったと言えると思う。
 
 本来、政党とは、国民の厚生を増進し、財産を増やし、安心して暮らせるための公約を実施することが目的であって、権力は実現の手段でなくてはならないはずだ。しかるに、その逆を行なっている現状から判断するに、この党は何か別の意図を持って権力を得ようとしているように見える。
 
 
 
自民党 ================================
 
 まったく退廃した党になったものだと思う。敗戦の後の数年間目指していた、連合国の占領が終了次第、憲法を改正して名実ともに独立するという気迫は無くなり、ただ米国に追従するだけになったのみならず、我が国が奴隷国家になった際には、米国に雇われた番頭になりたい連中のたまり場になってしまった。米国に雇われた番頭になりたいのは民主党に居座る大半の連中にも言える事だが、自民党の戦後日本での立場を考えてみれば、この党の怠慢は責任が重い。
 
 最近、森田実氏の「アメリカに使い捨てられる日本」という書籍にて興味深い箇所を読んだ。岸信介が出現するまでは、我が国は憲法改正、非アメリカ化を実現することを目指していたが、岸信介の前の石橋湛山が急な病に倒れて短命内閣に終わり、岸信介が権力を握った際に我が国はアジア志向から米国志向に大きく舵を切ったとあった。

 岸信介もA級戦犯であった。しかし、米国の対日政策の変更によって保釈されて政界に復帰した。今日の我が国の有様を考えるに、対日政策の変更とは言え、保釈の条件として米国のための工作を請け負ったのではないのかと疑いたくもなる。また、その事を前提に考えれば、その孫の安倍晋三が米国盲従をするのも頷ける。

 ちなみに、森田実氏の「アメリカに使い捨てられる日本」という書籍には、この他にも色々と述べられており、学ぶところも多い。参議院選挙の前に、ぜひ一読すべき書籍の一冊として推薦したい。
 
 話を元に戻すが、そのような米国の番頭を目指す人間の集団には何も興味も期待も寄せられない。のみならず、今や自民党単独では候補者の票を集めることができず、公明党の背景の創価学会の力で辛うじて当選を確保しているような現状では、もはや死んだも同然の党であろうかと思う。
 
 
 
 ===================================
 
 
 次に、そのような亡国を導きかねない国会議員が跋扈する中で、国民新党に期待する理由を説明してみたい。

 この党の特色は、保守を標榜しつつ、米国とは一線を画する立場と取っており、国民の厚生を増進して国民全体がそれぞれ財産を増やして、そして安心して暮らせることを公約に掲げている点だろう。

 戦争を生き延びた戦前・戦中の教育を受けた方々が、サンフランシスコ条約後に敗戦の復興のために行なった政策を思い出してみると社会主義的な色合いの濃いものが多い。また、会社を公器と考える経営者が多く、株式も乱高下による利ざや儲けの対象ではなく、本来の意味の出資の意味合いが強かったように思う。

 国民の厚生を増進し、国民全体がそれぞれ財産を増やすような政策は、多かれ少なかれ社会主義的色合いを持つが、国民新党はそのような公約を唱えつつも、保守としての位置づけを模索している。
 
 また、極東の狭い国土を持つ我が国は、中国、韓国を敵に回して存続することは不可能に近い。韓国はともかく、中国とは大人の付き合い、友好関係を模索する必要があると思う。その点から考えると、ギャルポ氏の公認は興味深い。
 
 最後に挙げるとすれば、党自身が「若い」ことだろうと思う。公約どおりに国民のための政治を行うか、これから実力を試されることとなるだろうが、すべてが八方ふさがりの現状を考えれば、可能性に賭けるよりほかない。
 
 
 
 ===================================
 
 
 以上、来る参議院選挙を前に、既存政党を概観してみた。今後、選出される国会議員が我が国の独立を守る気構えで真の国益を追求しなければ、この国は大きく右よりに傾いて狂信的になり、知らず知らずのうちに米国に顎で使われる存在に成り下がるような気がしてならない。

 それを阻止するためには、如何にして真っ当な日本人を立候補させるかという問題もさることながら、まっとうな日本人の候補を見分けることも投票する側に要求されているように思える。
 
 
 
 
なお、本コラムは、個人的な考えを元に書いておりますが、もし史実、事実と異なる記述があればコメントいただけると助かります。

|

« 建国記念の日(紀元節)にあたって | トップページ | 昭和の日 (aka. みどりの日) を前にして思う事 »

コメント

 はじめまして、こんばんは。私の稚拙なブログを訪れていただきありがとうございました。そこでいただいたコメントからこちらに参りまして、党別の書き方でわかりやすく、一気に読ませていただきました。

 先週、友人(男・29歳)と食事をしていた時に彼が言ったんです「消去法でいって、結局今回も自民党しかないです。」と。
 年金(と社会保険庁)の問題なんかも、日本という国があってこそなわけで・・・と思えば結局そうなるのかなぁとか、いろいろ考えさせられてしまいました。

投稿: SHU | 2007.07.12 22:24

トラックバック、有難うございました。感激。
素晴らしく考えをまとめていらっしゃるところにも感激。是非、プロフィールをと思いましたが、残念。どんな職業に人がこんな考えをもてるのだろう・・・とか、思いました。職業が大事ってわけじゃあないですけど。
是非、共に勉強させていただきたい心境です。
子育ての方は、どうですか?興味おありですか?
ちなみに、生まれた時だけ、とか小学校に上がるときまでくらいの補助費用を国から頂いても、子どもを増やそうってわけにはいきませんから。間違いなく。安心して育てられることに直接はもちろん、間接的にさえ繋がらないと思うなあ。

投稿: nanakousukemama | 2007.07.13 09:45

 トラックバックありがとう御座います。
 興味深く読ませていただきました。
 特に、国民新党に関しては、あまり、情報が無く選択肢から外れていましたので、勉強させていただきました。

投稿: ふる | 2007.07.13 11:47

はじめまして、きくしんと申します。
トラックバック有難うございます。

面白い考えですね。また、私と共通するところもあります。
今回の投票に参考にさせて頂きます。

投稿: きくしん | 2007.07.13 13:52

SHUさん、コメントありがとうございました。

消去法の彼のその過程を、選挙が終わってから聞かせて欲しいなと思います。勉強になることもあると思うので。

ただ、日本という国があるのは自民党のお陰というところからスタートするのはどうかと思います。敗戦後、バブル景気の前までは自民党が復興を推進してきた事は否めませんが、バブル景気が弾けて、戦前・戦中の教育を受けた方々が他界した後、自民党は大きく変容したと私は思うのです。

さりとて民主党がその代わりを担えるのかと言えば、コラムでも書いた通り、雑居ビル的様相を示し、権力を握ってしまうと自民党と似たり寄ったりになるのではと思っています。

要するに、日本人の背骨が抜けて、姿勢を正そうとしてもシャンとしないというのが現状のように感じる今日この頃です。

こちらのブログはめったに更新しませんが、気がついたときにでもお立ち寄りいただければ幸いです。

投稿: へのへの419 | 2007.07.15 12:18

nanakousukemamaさん、コメントありがとうございました。

お褒めをいただき、恐縮する次第です。
2、3点、いただきました問いについて、ご返事を。。。

>どんな職業に人がこんな考えをもてるのだろう
実は、私自身が大きく変わったのは、それまでのパソコン関連の仕事を止めて、2年程プータロウしていたときなのです。(そんな訳で昔程身入りの良い仕事にはつけず、今、お金がありません。。。へへっ)有り余るほどの暇の中で、あれこれ考え、いろいろな書籍を求めました。そのなかでも大きな転機となったのは「驕れる白人と闘うための日本近代史」という書籍、原著は「宇宙船日本-真実と挑発」という普通の名前なのです。もしよろしければ一読を! ぜひ!!

仕事と人格の話をを深堀すると長ーい話になるので、別のコラムで考えてみたいと思います。

>子育ての方は、どうですか?興味おありですか?
子供は居ないです。そんなに深刻な事情のためでは無いのですが。。。(あ、そのような質問を受けても、ぜんぜん不快に感じていませんからご安心を。)
ですので、この国の子供全てが自分の子供を思っています。とはいえ、昨今のいろいろな事件で、人様の子供に「はぁ〜い」なんて、馴れ馴れしくしようとすると白い目で見られるし、知らない人を見かけたら逃げろと言われている子供たちともフレンドリーになれませんし。。。
世知が無い世の中になってしまいますた。。(悲)

補助費用に関する件、同感です。子育てという観点については、我が国での子育ての歴史(参考となるのは「逝きし日の面影」という書籍の”第十章 子どもの楽園”でしょうか)と戦前の「家」という制度を再点検する必要があると思います。家という制度は問題も在りますが、学ぶ点もあると思います。

とりわけ、私が心配しているのは、子供たちの教育という点です。分け隔てなく同質の教育を受けることが維持できるのかという点です。とは言うものの、60年経った今、戦後生まれの私が判断するに、戦後の教育は大きな問題点があると思います。
その例として、戦後の教育を受けた世代から輩出された賢君、偉人は皆無であるに反し、江戸時代の教育を受けた明治初期の先人、また戦前・戦中の教育を受けた敗戦後復興期の先人には数多くの賢君、偉人を数えられることが挙げられます。

ここまで書けば自明ですが、私は子供、教育に興味があります。それは私の未来そのものです。


>是非、共に勉強させていただきたい心境です。
いえいえ、こちらこそ、勉強させていただきたいと思っております。
どうぞ、宜しくお願いします。

投稿: へのへの419 | 2007.07.15 13:03

ふるさん、コメント有り難うございました。

選択肢が多い事は良い事だと思います。
コラムを書いた後、国民新党が、関口氏なる人間を候補に立てた事には、正直、ズッコケましたが。。。

まずは、一石を投ずる事ができて幸いです。

投稿: へのへの419 | 2007.07.15 13:08

きくしんさん、コメント有り難うございます。

選挙が終わったら、どんな点がおもしろくて、共通していたのか、教えていただけたら嬉しいです。

あ、「これは無いだろ〜」という突っ込みも大歓迎です。

またのお越しを〜〜ぜひぜひ。

投稿: へのへの419 | 2007.07.15 13:15

トラックバック有難うございました。丁寧な解説興味を持って読ませていただきました

投稿: もりのくま | 2007.07.17 22:14

もりのくまさん、コメント有り難うございます。
 
少しはお役に立てたでしょうか。
 
もりのくまさんのブログ、拝見しました。
多少、意見を異にする部分はありますが、北海道には北海道の事情や視点があるのだと知った次第です。
 
「驕れる白人と闘うための日本近代史」という書籍をご存知ですか。もし、初めて聞く書名であれば、お求めの上、ご一読願います。きっと、学校で習った日本近代史の天地がひっくり返ることと思います。
その上で、現在、意見を異にする部分をもう一度お聞きしたいなあと願っているのですが。。。

投稿: へのへの419 | 2007.07.19 22:00

コメント有り難うございます

驕れる白人と闘うための日本近代史は、残念ながら初めて聞きます。

私の、ブログは多少過激ですが、そんなに意見は違わないと思います。
この国が壊れ始めている事に、少しでもきずいてもらいたくて、多少反感をかうことを承知で、時々書いています。

弱い立場の人々が、ドンドン追いやられて行く事が、最後には普通の人々にも及ぶ事を、わかってもらいたいだけなのです。

そして、明治維新が起きた時に沢山の偉人(多少危ない人たちもいましたが)が生まれたように、政権交代から次の時代を担う若者が生まれる
ような気がするのです。

投稿: もりのくま | 2007.07.20 23:35

もりのくまさん、再度の書き込み、ありがとうございます。

>この国が壊れ始めている事に、少しでもきずいてもらいたくて、多少反感をかうことを承知で、時々書いています。
という部分の、「この国が壊れ始めている事」という点には大いに同感です。

ただ、
>政権交代から次の時代を担う若者が生まれる
という点には、私は慎重になっています。

なぜならば、

明治時代を悪といい、江戸時代を善ということのできる日本人はどれだけいるでしょうか。
また、
自虐史観に捕らわれずに明治以降の日本を語ることのできる日本人はどれだけいるでしょうか。
 
ただし、安易に昭和初頭から敗戦に至る日本の振る舞いを美化するという意味ではありません。
端的に言えば、その当時の物差しで世界を測り、日本を測ることができるかという問題です。

つまり、戦後の自虐史観に捕らわれて教育された若者が次世代を担う事ができるかという問題が横たわっていると思うのです。

相当、今回のコラムとは別の方向のコメントとなってしまいましたので、コメントは、この辺で失礼させていただくとしますが、将来、1つのコラムとして自分の考えをまとめてみたいと思っています。

最後になりましたが、「驕れる白人と闘うための日本近代史」という書籍について、
日本語訳の書名は厳めしいのですが、もともとの原著(ドイツ語版)の書名は、「宇宙船日本 ―真実と挑発ー」という名前です。数回読み直している私には、原著の宇宙船日本という書名の方がいいなと思っています。本の評価はamazon.co.jpなどで第三者の書き込みを参考にされるのが公平かと思います。

ではこの辺で。。。

投稿: へのへの419 | 2007.07.21 21:31

コメントをありがとうございました。
忙しかったものですからお返事できず、タイミングを全く逸してしまって失礼しました。
色々と問い掛けのコメントも頂いていますが、お許しを。


>インフラが満足な状態になったとしても、衆議院が可決した全法案について、国民が全員、勉強し、自分の決断を行なわなければならない訳ですね。

実は、本当に言いたいことはへのへの419さんのこのコメントです。
私たちが政治に無関心でいる間に一部の人間によって、国がズタズタにされてしまった気がします。

これからは想像ですが、
今の日本では、衆議院の過半数を抱き込んでいれば思い通りに法律が作れます。
現状では自民党の幹部が方針を決めれば、自民党の議員達は否応なくそれに従います。
自民党の幹部さえ抱きこんでいれば日本を思い通りにできます。
官僚や大企業やアメリカが、簡単に日本を操作できます。

国民投票という厄介な仕組みを作ることで、
みんなが政治や暮らしや平和を真剣に考えて、
本当にみんなが幸福に暮らせる社会ができれば理想です。
あくまで理想です。

国民投票までは無理でも、
とりあえず次の衆議院選挙で与野党逆転して、
自民党政治を一旦終わらせるべきでしょうね。


すみません、軽くご挨拶をして・・と思ってたのに、入力しているうちに色々考えてしまって、色々書いてしまいました。
(´ロ`;)

投稿: 幸福ってなんだろう | 2007.07.30 14:09

トラックバック有難うございました。実は私も国民新党に注目していましたが、議席をのばせず残念でした。国民新党の反米保守、そして新自由主義に歯止めをかけようとするところに惹かれます。今回の選挙では、野党(国民新党)の勝利は望んでいたのですが、民主党が大勝しすぎた気がします。衆議院だけでなく、参議院でもバランスを欠く状態になってしまったのではないかと懸念しているところです。

投稿: yukimura | 2007.07.30 16:42

tbありがとうございます。
私は安倍に辟易ですが、貴方の意見にも賛同は出来ません。
固定観念とステレオタイプを感じます。

共産党、社民党、民主党、公明党、自民党についての意見もわかりますけどね。
日本新党も同レベルに虚しい集団に思います。


あと、
「米国の1つの州」に付いてですが、
ま、世界中の多くの国がそれを感じてるわけですよ。
日本だけの惨めな現状じゃないわけです。
いや「それでOK」と言う意味じゃなく、もっと大きく複雑な流れの話だってことです。

投稿: Snow | 2007.07.30 19:44

幸福ってなんだろう様、コメントありがとうございました。

根幹の部分のところは同じ意見をお持ちであると思いました。
とは言え、細かい点では意見の相違はあるかと思います。
でも、それは健全な事ですし、意見が異なる細かい点を双方が煮詰めてゆくと、思わぬ収穫が得られたりします。

コメントいただきました下記の箇所、
>今の日本では、衆議院の過半数を抱き込んでいれば思い通りに法律が作れます。
>現状では自民党の幹部が方針を決めれば、自民党の議員達は否応なくそれに従います。
>自民党の幹部さえ抱きこんでいれば日本を思い通りにできます。
>官僚や大企業やアメリカが、簡単に日本を操作できます。
は全く同感です。そして、これは想像では無いと思いますよ。
(もしかすると、”洞察”という意味で”想像”という言葉をお使いなのかもしれませんが。)

ただ、それゆえ国民投票へのいうのは、ちょっとどうかなと思います。
先の衆議院選挙、郵政法案の取り扱いについて、マスコミを使って大衆をいとも簡単に誘導できたことを考えると、危険では?と思うのです。

また、私個人の心配は、「自民党政治がいけないのでしょうか。それとも敗戦後の日本の目指してきた国のあり方が、その進路が間違っていたのではないのでしょうか」という点です。
日本人は敗戦後、少なくとも恥と誇りを忘れてしまったように思うのです。

不定期で、しかも忘れた頃の更新となりますが、
気が向いた時にお立ち寄りください。
またのお越しをお待ちしております。

投稿: へのへの419 | 2007.08.02 20:24

yukimuraさん、コメントありがとうございました。

国民新党を注目していた方がいらっしゃったとお聞きし、嬉しい限りです。

衆議院だけでなく参議院もバランスを欠く状態になってしまったのでは無いのかとご心配の様子ですが、私は、これで衆議院は自民党の法案提出マシンであり、参議院は民主党の法案提出マシンとして位置づけることが出来るようになったと考えます。

政権交代を口癖のように言っている民主党が、果たして政権を担うに足る力量を持っているのか、有権者は直に知る事ができることは良い事だと思っています。まともな法律を立案する力がない状態で権力を手に入れれば、自民党以上にひどい腐敗が起きることでしょう。

国民新党については、これから如何にして優れた人材を見いだすかという点に尽きると思います。人はどうあるべきか、日本人はどこへ向かうべきか、まず政治を離れて自分自身の持論を語ることの出来る人材が必要なのでしょう。

またのお越しをお待ちしています。

投稿: へのへの419 | 2007.08.02 20:41

Snowさん、コメントありがとうございます。

意見の異なる方のコメントも歓迎しますが、異なる点をもう少し詳しく聞かせていただけると、勉強になったのですが。。。

>固定観念とステレオタイプを感じます。
とのことですが、???な状態です。
たしか、ステレオタイプとは、右or左、プラスorマイナス、善or悪の2つの値にむりやり色付けすることと思います。
3年前のコラム「参議院選挙 選択 共産党?」をご覧いただいた上での印象なのかなと、ちょっと心配です。
少なくとも、私は、多様性(diversity)こそ21世紀から始まる千年に脈々と流れるべきものだと感じておりますが。

コメントでの”日本新党”について、新党日本なのか国民新党なのか、一見戸惑いましたが否定的なお考えをお持ちのようなので、国民新党と理解しておきます。

1つだけ残念なことがあります。Snowさんは、偽りのメールアドレスを使ってコメントされた最初の方になってしまいました。まあ、昨今スパムメールが流行っておりますから致し方ないかと思いますが、私がスパムメールを仕掛けるような人間にお感じですか?

Snowさんのプログも拝見しましたが、ちょっと見込み違いの方だった模様ですね。

ともあれ、コメント有り難うございました。

投稿: へのへの419 | 2007.08.02 21:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31381/15203084

この記事へのトラックバック一覧です: 参議院選挙を前にして:

« 建国記念の日(紀元節)にあたって | トップページ | 昭和の日 (aka. みどりの日) を前にして思う事 »