« 貴方の家の相続に口出しします! | トップページ | 終戦 靖国 合祀 富田メモ »

皇室典範改正問題 諸君!田中氏論文の疑問点

諸君!3月号掲載の田中氏の論文に意義あり! 重要な問題点を提起したい。


田中 卓氏の論文を読んでみたところ、焦点と考えられる項目は、

「[9]女帝は歴史上存在し、大宝令でも認められている」という項であろうと思う。

そこには、

----------抜粋の始まり

過去の日本で、実施に皇統が「男系男子」を基本としていることは間違いない。しかしその一方で、例外もあり、「女帝」が実際に存在されたこと(推古天皇をはじめ後桜町天皇まで、十代御八方)も、明白な歴史上の事実である。また大宝令でも「女帝」の存在を認められていて(但し、その女帝は四世以上の諸王を夫とされる。)

----------抜粋の終わり

とある。

ここで、女帝とは四世以上の諸王を夫とすると規定されており、遠い古より約二千年間、内親王が皇族以外と婚姻した場合には臣籍降下することとなっていることを踏まえると、四世以上の諸王はすべて男系男子と考えることができる。

つまり、継嗣令で言う女帝とは男系男子である四世以上の諸王を夫とすると考えることができる。

一方、今回の有識者会議の案を見ると、内親王は婚姻後も皇族として残ることができ、且つ配偶者にも皇族としての地位を与えるとある。これまで、天皇、皇太子、親王が皇族外から配偶者を迎えたことを考えれば、内親王も皇族外から配偶者を迎えることが予想される。


よって、今回の有識者会議がまとめた案により典範が改正された場合、

男系男子でない四世以上の諸王が誕生する

こととなり、以上を踏まえると、田中氏の論文は、


大宝令の継嗣令で規定された本来の意味から大きく踏みはずしてしまい、今回の有識者会議の改正案でいう「女系天皇」を支持する根拠としては不適格ではないのか

という点が大きな疑問点として浮かび上がる。

なお、この疑問は、私のつたない知識から発生したものであり、論理的に間違っていることも否定できない。その場合はコメントにてご指摘いただけると幸いである。


ちなみに、私自身は、皇位の継承者の範囲の変更は継承順位の決定と本質的に異なる判断を要し、皇室の尊厳や権威、そして皇室の根幹に関わる問題であるため、皇室典範の第1章第3条が適用されないことは元より、継承者の範囲の変更はGHQによる暗黙的強制によって皇籍を離脱された旧宮家を含めた皇族方のみで構成される皇族会議によって決せられるべきという立場を取る。また、この決定に基づく皇室典範の改正のみを政治的事項と考える。

|

« 貴方の家の相続に口出しします! | トップページ | 終戦 靖国 合祀 富田メモ »

コメント

はじめまして。「和と武」といいます。

「諸君!」3月号掲載の田中卓教授の件を検索していて辿り着きましたので、そのことについてコメントさせて頂きます。

歴史学者による日記「愚一記」:
http://www.toshiito.cside.ne.jp/t-diary/?date=20060212

の註1を読んで、田中卓教授の女系容認論の間違いが分かりました。
ご参考まで。

投稿: 和と武 | 2006.02.13 22:52

コメントありがとうございました。

また、ブログの紹介ありがとうございました。
さっそく拝見致しました。

人それぞれ考えがあるのでしょうが、
皇位継承について1つ譲ってはいけない事項があります。
それは「皇室とは、皇統継承とは、”制度”ではない」ということです。
どうぞ、お見知り置き下さい。

また、皇室を敬う者であるならば、皇族方に「戸籍に入れ」などという論に頷くべきではないでしょう。

投稿: へのへの419 | 2006.02.14 00:23

「びーちぇの別館」の
「 田中卓教授の論はおかしい。」も一読の価値がありますね。
http://plaza.rakuten.co.jp/beace/diary/200602130000/

投稿: へのへの419 | 2006.02.14 11:26

へのへの419さん、
コメントありがとうございました。
御説ご尤もと思います。
私も、制度として論じる事には抵抗を感じますし、
現時点で戸籍に入っておられる11宮家の方々に申し訳なく思います。
ただ、男系維持のために、受け入られ易い案を早めに提示する必要は感じています。

投稿: 和と武 | 2006.02.14 12:38

びーちぇさんのサイトご紹介ありがとうございました。
古事記以前の文献の存在を初めて知り勉強になりました。

投稿: 和と武 | 2006.02.14 12:42

和と武さん。再度のコメントありがとうございました。

ご指摘の通り、雑系(女系)派の改正案に対抗して、男系維持派としても独自の改正案を提示すべきと私も考えております。

その点を踏まえて継承に関わる今回の件の原因を考えますと、皇室典範が日本国憲法下にあることと、皇室会議の議員の10名の内、8名が非皇族で占められているという2点が挙げられると思います。

全ての歴代の天皇は「お父さん、もしくは父方の祖先が天皇であった」方が即位したことを、国民に対してあまねく理解してもらうことと合わせて、上記の2点の改善が必要だと考えております。

投稿: へのへの419 | 2006.02.14 20:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31381/8517559

この記事へのトラックバック一覧です: 皇室典範改正問題 諸君!田中氏論文の疑問点:

» 一発逆転の皇室典範改正問題 [すーさん’s アイ]
 一発逆転の皇室典範改正問題。 「ぶれない」首相にしては珍しい方針変更 「静かに見守る」に賛成だ。と新聞は言うが、本当に必要な議論を起こすべきとも思う。 最低でも、政局のネタになってはいけない。 そして、ジェンフリ活動の舞台になってもいけない。「静かに...... [続きを読む]

受信: 2006.02.16 16:25

» 田中卓氏・女系継承容認論の迷妄4 [ほそかわ・かずひこの BLOG]
 田中氏の女系継承容認論を批判する上で、天照大神を中心に日本神話の記述を検討している。天照大神は女神ではあるが、そこに原点をすえるのは、そう単純な話しではない。そのことを、今回も述べてゆきたい。  天照大神とタカミムスビの関係について続ける。天照大神を中心に考える論者は、高天原の最高神が女神であると見る。そして、母系制が社会の原初的形態という主張もなされる。しかし、記紀の記述では、天照大神は単独で最�... [続きを読む]

受信: 2006.02.17 09:25

» 傲慢きわまりない、女系推進論 [びーちぇの別館]
タイトルが、大変過激なものになってしまいましたが、それでも、こう言わざるを得ません。文芸春秋4月号に、高橋紘氏が「現代版壬申の乱への危惧」などと、皇太子殿下、秋篠宮親王殿下にたいし、お睦まじいご兄弟の間をうんぬんするような無礼極まりないタイトルをつけ、...... [続きを読む]

受信: 2006.03.19 23:04

« 貴方の家の相続に口出しします! | トップページ | 終戦 靖国 合祀 富田メモ »