« 君が代よ、永遠なれ。 | トップページ | 皇室典範改正問題 諸君!田中氏論文の疑問点 »

貴方の家の相続に口出しします!

貴方は、自分の財産の相続や自分の家の相続に対して、他人が口出しをして平気でいることができますか?

もし、私が「


貴方の家は跡取りが居ないので、私が勝手に決めますから従って下さい

」と一方的に通告した場合、皆さんはどうお感じになりますか。


私は、今、世間で物議を醸し出している皇室典範の改正についても同じ事が言えると思う。この点を真っ先に疑問視する評論家、コメンテーター、論客が居ない事は、日本のジャーナリズムのレベルを如実に表しているのではないのだろうか。


女系天皇非容認派の方々は、「男系の血筋によって綿々と伝えられてきた皇統の継承を蔑ろにすることは許せないし、こんな短期間で結論づけることは危険である。また、女系の血筋の即位を認めるならば、天皇制は崩壊する」という。

もっとな意見だと思う。特に2660年余続いてきた皇統継承の伝統を、たった1年や2年で壊すことは、改正でもないし、改革などではない。破壊である!

しかし、敬っている皇室に対して、皇統の継承という重大事を、皇族以外の立場で論ずることを恐れ多いことと感じないのだろうか?


一方、改正賛成派、あるいは権力にすり寄る方々は、「このままでは皇位を継承することができなくなり、天皇がこの国から居なくなってしまう。皇位を継承を確実にするために女系の血筋も認めるべきだ」と唱える。

前半はもっともな意見だと思う。まさに一大事である。日本という国の、文化的伝統的な土台を皇室並びに皇族が綿々と守ってきたことを考えれば、「跡絶える」ということは一大事である。

しかし、女系の血筋の即位を認めることは、時の権力者や一代で財を成した成金達が、王として、この国に君臨する道を開く事となる点を考えているのだろうか。この点を自民党の改正推進派は論じないし、マスコミも報じていない。

挙げ句の果てには、「仮に愛子さまが天皇になられた時に、そのお子さんが男でも(天皇への即位を)認めないということだ。それを分かって反対しているのか」と発言する始末。この発言を行なった人間は、未だに女系と男系の区別がつかない様子だし、この段に及んでこのような発言を行なうことに知識、知能のレベルの水準を疑わざるを得ない。

端的な例を言えば、H某というものが、一代にして財を築き、権力を手に入れ、それをてこに継承権を持つ女性皇族と結婚し、自分の息子、娘を王に据えることができるということになる。もし、結婚後、あるいは息子、娘が王位に就いた後、このH某が法的に、あるいは人道的に許されない罪を犯していたという事態も起こりうる。

そのような場合でも、あなたは、王位に就いた息子、娘を王として認めることができるか?


皆さん、いかがですか?


さて、この問題。論じる前に、改正賛成派、改正反対派と共に大きな忘れ物をしているように思う。


改正賛成派については、日頃、人権がどうだとか、憲法改正反対を唱えている割には、皇族の発言を政治的だとして封じられていることに対して言論の自由を認めないと意義を唱えないことは腑に落ちないし、また、なるほどと納得するような理由もなしに憲法については断固反対を貫いている割には典範改正に対して諸手を挙げて賛成することも腑に落ちない。


改正反対派については、皇室、皇族の方々に御発言頂ける場を設けることを蔑ろにして、賛成派と同様に継承云々を論じるのは如何なものだろうか。果たして、それは、臣下の礼を取る者の振る舞いだろうか。


皇位継承に対する私の意見は、以下の通りである。

冒頭でも論じたように、この問題は本質的に皇室、皇族の方々が決すべき事柄である。

政治的問題ではない!

政治的問題とは、決された結論を実施する際の、法律的な問題又は実施を阻害する問題であると考える。

それ故、皇族の方々が一同に会して皇族会議を開催し、全員の賛成を以て決せされた結論を国民にお伝え頂きたいと思う。ただし、この会議には、通常の皇室会議で出席を許されている衆議院議長、衆議院副議長、参議院議長、参議院副議長、内閣総理大臣、宮内庁長官、最高裁判所長官、最高裁判所判事の皇族以外の人間は除外し、戦後GHQによって強制的に皇籍離脱を余儀なくされた旧11宮家の方を含めることが前提と考える。


私は、皇室、皇族を敬う人間である以上、
その会議が10年、20年続こうと、私は皇室並びに皇族の方々のお言葉を待ち、
皇室並び皇族の方々が決せられた結論に従い、実現に向けて努力するのみです。

ただ、皇族会議で結論が決されない場合、あるいは、もし、仮に、皇統継承の伝統を捨てて、女系の継承をお認めになる場合、一旦三種の神器を伊勢の神宮にお戻しになられますように、謹んでお願い奉る次第です。

私は、皇族の方々の未来に対して、こうあるべきとか、こうすべきとは申し上げることは出来ません。

ただ、


謹んでお願い奉り、
詔を承けては、これを謹む

のみです。

|

« 君が代よ、永遠なれ。 | トップページ | 皇室典範改正問題 諸君!田中氏論文の疑問点 »

コメント

再開されたんですね。おめでとうございます。
お待ちしておりました。これで心置きなく、コメントが書けます(笑)。


>この問題は本質的に皇室、皇族の方々が決すべき事柄である。

私はこの問題に初めて触れたとき、ブログで「心の問題」としてと書きました。そして、同じように皇族方が決めるべき問題と書いていたのですが、このままだと、小泉さんによって自民党は党議拘束をかけられて皇室典範が改正されてしまい、さらに、直ちに適用するという方針だということで、もう、書いた記事数がわからなくなるくらい書いてしまいました。


>恐れ多い
ただ、恐れ多いというふうにしてしまうと、小泉さんのような人が出てきたときにどうしようもないと思って書いてきました。それと、これは私個人の憶測ですが、今上陛下をはじめご皇室の方々は、恐れ多いと考えてほしくないのではないかと。まあ、微妙な考え方ですね。象徴天皇制下なので、開かれたご皇室を目指されているように思ったりするので。畏敬の念は、この際、胸にしまっておこうかなって。それよりも、積極的にご皇室のご安泰を考えれると、国民皆さん、まさに全員に支持される制度で未来永劫、ご安泰であってほしいと考えている次第です。さらに言えば、それが、私利私欲まみれの人類に対して、警鐘を鳴らしてくださる数少ないご存在だと私は思っています。だからこそ、畏敬の念ではなく、親しみを感じられるご存在になっていただきたい。私の親がこの私のコメントを見たら、しばくだろうなって思うんですが、私的にはそんな感じです。

投稿: レッツら | 2006.01.28 14:27

レッツらさん、書き込みありがとうございます。

>再開されたんですね。おめでとうございます。

うーん。実はまだ開店休業状態なんですよ。私にとってブログの記事を書く事はすごく時間を要することなのです。(文才、無いからかも。。。)また、2004年8月以来いろいろと忙しくなってしまいました。また、自分であれこれ記事を書いてはみたもののどれだけの方々に共感してもらえたのか、また価値観を少しで共有するためにはどうすれば良いか、とあれこれ悩んでしまい、休業中と相成った次第です。(お恥ずかしい)

コメントいただいた点について、重なってしまう箇所も出てきますが、私なりの考えを披露させていただきます。


まず、「この問題は本質的に皇室、皇族の方々が決すべき事柄である。」という点

改正反対派の方々が、この点を疎かにして改正賛成派と同じ土俵に乗ってしまったことを、私は大きな間違いだったと思っています。
大切なことは世論の同意と共感を得る事ではないのでしょうか。しかし、果たして現在の改正反対派の発言で世論の同意と共感を得ることはできるでしょうか。

私は、

1)国民に対しては、各人の相続に他人の指図を許すのか否かという根本的な疑問を投げかけるべきであること
2)継承問題は政治的問題などでは無く、皇室皇族の方々が決すべき議題であると主張すること

の2点を改正反対派が注力しなかったことは失策であると思います。また、国民に働きかけることを疎かにして、特定の国会議員や首相官邸に働きかけを強めたことも如何なものかと思っています。


「恐れ多い」という感情の件

前の項と重複してしまいますが、勘弁して下さい。

改正反対派の方々が皇室の前途を我が身のごとく捉えて発言されていることはわかります。しかし、「恐れ多い」という謙虚な気持ちを無くしては、改正賛成派の傍若無人な発言や行動を同じになってしまいませんか。

「”恐れ多い”という気持ちでは、小泉純一郎が行なうとしている事、有識者会議の報告書に異議を唱えることはできない」という考えは判りますが、その気持ちを踏まえて採るべき道を探るのが大切ではないのでしょうか。

私は、その気持ちを根底に謙虚に考えて振る舞ってこそ、皇位継承の問題を乗り越えることができると考えています。


ところで、「開かれた皇室」とはどのような皇室ですか?

国民の好き嫌いや一時的な嗜好、政治屋の権力闘争に翻弄されることですか? また、古来の伝統や文化、祈りと祀りをなおざりにして、西洋の王室のようになることですか。

それとも、皇族の方々が自らの事項を自らが決し、国民と分け隔てなく苦楽を共にして、一心同体のごとく在ることですか。

投稿: へのへの419 | 2006.01.29 19:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31381/8378839

この記事へのトラックバック一覧です: 貴方の家の相続に口出しします!:

» 小泉首相はやっぱり「お馬鹿さん」だった [悪の教典楽天市場店]
 本日は旧暦十二月二十九日。師走、水沢氷りつめる。 僕は小泉首相を高く評価しているのだが、皇室の事はあまりご存じでいらっしゃらないご様子である。《「女系天皇を認めないということは、仮に愛子さまが天皇になられた場合、そのお子さまが男でも認めないということ...... [続きを読む]

受信: 2006.02.02 22:48

« 君が代よ、永遠なれ。 | トップページ | 皇室典範改正問題 諸君!田中氏論文の疑問点 »