« 参議院選挙 選択 共産党? | トップページ | 天皇という存在 ー私論 天皇論ー »

市町村が独自判断で教員を採用

今度、市町村が独自判断で教員を採用できるようになると、えせ藤沢人さんのブログ「藤沢生活」のコラムを通して知った。ちょっと否定的な立場から論ずることになるが、いろいろあるわねとご了解願いたい。


心配点は2点有る。

1つは、高度成長以後の政治家の私欲の食い物になったあげくの日本政府の赤字のとばっちりが教育に及んでいるのはないのかいう点、2つは、市町村が独自にという事になると、明治維新の際に目指した「日本国民として生まれた子供に等しく教育を施す」という原則が揺らぐのではないかと心配だ。

独自判断で教員採用を実現というと、地方分権の促進、三位一体改革の実現という口当たりの良いオブラートに包まれて誰もが賛成しそうだが、「藤沢生活」のコラムを読むと何て事は無い。私には、教員の人件費を中央から地方へ移転しているようにしか見えない。

また、市町村が独自で採用ということになると、地方間の格差が出来る訳であり、当然、過疎地域が不利になることは明白である。これは、明治維新の際に、日本人として生まれた子供に等しく教育を施すという精神の大きな後退を招く事になりはしないだろうか。

また、「藤沢生活」のコラムを読むと、こんな気になる記載が紹介されている。

>>「郷土教育などの特徴ある教育に合わせた人材が必要だ」
市町村の教員独自採用を可能に…2006年度にも(読売新聞、04.7.26)の冒頭より引用

これは何を意味するのだろうか。昨今、教育の現場に於いては、生徒の学力低下が至急の課題であったはず。この郷土教育の目指す目的は何なのだろうか。明治維新後、欧米の植民地化という国難から我が国を守るべく、親政をとった明治天皇は、その教育勅語の中で、「学を修め、業を習い」と表した。私には、今の日本も大きな国難と対峙しているように思えてならない。そんな中で、果たして郷土教育で、未来の日本を担う次世代の育成ができるものだろうか。私はこの点を深く憂う。

小学校、中学校の教育では、日本人としての基礎を固める教育であって欲しいと思う。これは、地方ごとに格差があってはならないものであって、日本人として等しく、その素養を身につけるものであって欲しい。格差を設けるのは、自らが自分の目指す分野を見いだすことに必要な教育、具体的には大学、或は高等学校の段階でも良いのではないだろうか。

恐らく「郷土教育を通して日本人としての誇りを持ち...」と意図しているのだろうが、日本人としての誇りを喪失している本質的な元凶を糺さないかぎり、日本人として胸を張り、日の丸が天下一だな、国歌はいいな、この国をもっと良くしなければ、自分にできるのはなんだろうという気概を持つには至らないと思う。

おのこやも むなしかるべき よろずよに かたりつぐべき なはたてずして

歌の文字はあれど、名を立てる理由を喪失しているのが今の日本だと思う。


市町村レベルでの採用を促進するのであれば、ぜひ実現してほしいことが1つだけある。

それは

市町村採用の教員に対する、児童保護者の総意に基づく罷免権の確保
である。

市町村による一方的な採用不採用でなく、保護者である親も主体性を持つべきだろうと思う。子供の教育は、本来は教師だけが考えるべき問題ではないとも思う。かつて我が国では、自分の子供はもちろん、他人の子供であっても、日本人としての素養に欠けることがあれば、注意して諭していたと思う。教育は専門家である教師が考えねばという主張を聞く事があるが、大半の教師が「日本人としての素養」に首を傾げる状態であっては、そこから生み出される専門的意見も首を傾げるような内容となるだろう。

そう思うと、単に教師任せにしては居られないだろう。

|

« 参議院選挙 選択 共産党? | トップページ | 天皇という存在 ー私論 天皇論ー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31381/1191671

この記事へのトラックバック一覧です: 市町村が独自判断で教員を採用:

« 参議院選挙 選択 共産党? | トップページ | 天皇という存在 ー私論 天皇論ー »