« 憲法9条と日米安保 | トップページ | 市町村が独自判断で教員を採用 »

参議院選挙 選択 共産党?

政界に波乱をもたらすという意味で共産党に投票するだろう。私は共産党のシンパでないが、消極的選択として共産党を選択する。

 今回の参議院選挙はつまらないという論説もある。しかし、私は今回の選挙は、対外的な意味で、また米国への対応を決めるという点で大きな意味を持っているように思う。このまま、小泉純一郎が内閣総理大臣を続けて、日本が中東の泥沼にはまってしまって肝心の極東アジアの問題で腰砕けになってしまうか、あるいは、米国と中国という2大パワーの狭間で、どちらにも組みせずにバランスを取る路線へ舵を切るのか、大きな分かれ目だろうと思う。


 まず最初に、なぜ共産党であって自民党でないのか。理由は単純である。

 小泉純一郎が内閣総理大臣であることが、我が国とって不幸であるためである。また、小泉純一郎は保身のために、国を売りかねない存在であるためである。そして、参議院選挙で大敗しない限り、退陣はあり得ないためである。


 では、なぜ共産党であって民主党でないのか。その理由は4つほどある。

 民主党が取り交わした自民党、公明党との三党合意が、まず第一の理由である。あの三党合意は、管代表辞任阻止のための方策であったことは見え見えであったし。よしんば三党合意を行なったとしても、衆議院本会議で反対もしくは欠席による棄権を行なったならば、民主党は国民のために政治を行っていると信じ、今回の参議院選挙では、迷わず民主党を選択したであろう。しかし、

政治家個人の良心を抑圧して、党の方針としての賛成票を強制したことは、民主党の党としての信頼を大きく損なった
と思う。

 次に、現在の代表である岡田氏について、不信感を持っているためである。彼は、イオングループの名誉会長である岡田氏の息子である。民主党の代表である岡田氏が、イオングループなどの大手流通小売業に便宜を計る政策を、こっそり行なったりはしないと誰が保証できるのだろうか。一族の金儲けのために政界に親族を送り込むことは、現在の米国の状況そのままであり、金と権力が癒着する中から腐敗や、金儲けのための戦争と言ったような考えが生まれてきているように思う。また、彼は、三党合意に対して自署を行なった当事者でもある。合意が間違いであったことを認めず、また国民に対しても謝罪しない態度も傲慢に感じる。気になるのは、イオングループに対するシャープへの取引停止通告がある。シャープと韓国企業間の特許紛争に対して、なぜイオンが介入するのか。非常識な企業の息子が、政権政党に潜り込んだらどうなるか不安である。

 3つめの理由は、民主党古賀議員の学歴詐称問題について、党として明確な対処をしなかった為である。自らを偽って手に入れた議員として地位であるのだから、当然辞職と持って、その資格を返上すべきであったと思う。辞職を迫らず、離党で決着を計ろうとした背景には、辞職すれば当然補欠選挙があり、同じ選挙区の候補であった山崎拓が政界に舞い戻ってくる可能性があるl。私は、そのためだけに辞職ではなく、離党で事の決着を民主党は計ったのだと考える。果たして、このような卑屈な手段を取る政党が、果たして新しい政権政党となりうるだろうか。所詮、自民党の二番煎じがいいところだろう。

 最後の理由は、自民党+公明党が参議院過半数を割るようになった場合、当然この二党は、民主党に対して連立を申し入れるだろう。簡単に三党合意を行なった前科を考えれば、あっさりと自民党に代わって政権政党になるという公約を反古にして、連立を受け入れてしまうような不安があるためだ。


 さて、最後に参議院選挙に共産党に投票して、国民として不利ではないのか考えたい。この点は、先のコラム(三党合意にみる議員の裏切り)でも論じた。あの時点では、小泉政権の対北朝鮮政策、中東政策が明確になっていなかったが、「だろう」という立場で考えていた。しかし、今は違う。コラムの繰り返しになるが、参議院選挙で仮に共産党が第一党となったしても、日本と言う国の屋台骨は大きく揺るがないと思う。懸念される点は、内閣指名の件、予算法案の採決、一般法案の採決の3つを挙げることができると思う。内閣指名は、参議院と衆議院は異なった場合、衆議院が優先される。つまり、衆議院で過半数を占める政党(現在は自民党と公明党)が指名される。予算法案については、衆議院が先に審議する規則となっており、万一、参議院で否決されたとして衆議院で3分の2以上の賛成を得ることができれば可決する。また、一般法案は、衆参議院のどちらからでも審議を開始できるが、共産党の主導で可決された参議院法案は、あっけなく衆議院で否決されるだろう。一方、衆議院で可決された法案が参議院で否決されたとしても、予算案同様に衆議院で3分の2以上の賛成を得れば可決される。


 結論的にどうなるかと再考すると、衆議院で過半数、つまり、自民党と公明党の2党が可決した法案は、参議院で否決されて衆議院に戻ってくる。そして、衆議院に於ける再審議では、民主党の賛成を得られないと可決されないという事態になる。よって、法案の再可決においては、前国会の年金法案のような民主党抜きの強行採決はできないこととなる。

 更に、衆議院→参議院→衆議院と法案が流れるのであれば、

3議院制と実質的に同じ
になる。先の国会での年金法案の可決のあり方と考えると、できるだけ多くの本会議で採決を強いることが国民にとっての利益になると私は考える。

 もし、参議院において、自民党と公明党、もしくは自民党+民主党が過半数を占めた場合、前回の国会のように法案がマトモに審議されないまま、素通りしてしまう危険性が懸念される。つまり、この状態では、二院制と言えども、実質一院制と変わらない状態である。


 

実質一院制となることは、国民にとって不利な法案が今後も年金法案同様に強行採決されるということを意味する。
これは、国民の利益を大きく損なう現象だろうと思う。

 しかし、それより深刻な現象は、しらけムードの中で自分の投票権を行使せずに棄権することだろう。もし、自分の息子や甥が、他人の利益のために戦場に駆り出されても結構であるだと考え、また自分自身が大金持ちの更に裕福になる為にあくせく働く事を厭わないというのであれば、特に申し上げることはない。

 でも、せっかく持っている権利、上手に使って悔いを残さない方が良いのでは...

 あなたはどうします? 今度の参議院選挙?


追記

この参議院選挙で一番悩やむのは自民党支持者だろう。支持者として投票すれば、小泉純一郎は政権を維持し、小泉一人のために自民党は崩壊する。それは、冬虫夏草のように、自民党に巣食った公明党によって。また、小泉純一郎以外の党有力者の政権を立ち上げるには、自民党は大敗しなければならない。しかし、これは支持者としての裏切りとなる。

|

« 憲法9条と日米安保 | トップページ | 市町村が独自判断で教員を採用 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31381/854769

この記事へのトラックバック一覧です: 参議院選挙 選択 共産党?:

« 憲法9条と日米安保 | トップページ | 市町村が独自判断で教員を採用 »