« プロフィール画面に、マックな人リンクをつくりました。 | トップページ | 参議院選挙 選択 共産党? »

憲法9条と日米安保

私は、憲法9条と日米安保はどちらが欠けても日本を不幸にすると思う。

巷では、憲法9条と日米安保は対立するように論じられているが、私はそう思わない。過去、この2つの、一見、相矛盾するような両者は、お互いを牽制し合いながら、平和の元に日本の繁栄を導いたように思う。


共産党を初め、左派の属する方々は、日米安保を目の敵にして、その廃止を声高に叫び、自衛隊廃止を唱える。しかし、憲法9条だけで、自分達の大切な人をどうやって守るつもりなのか。日本を攻撃するのは、中国、韓国だけではないはず。もし、共産党を支持者の皆さんが嫌いなアメリカが、日本を攻撃して来た時にはどうするつもりなのだろうか。他国を侵略する軍事力を備える事には反対だとしても、やはり当分の間、日本が自衛するだけの軍事力を確保しておくことは、致し方ないと考えるのは自然ではないのだろうか。とすれば、安保反対を唱える時には、必ず常備軍創設が引っ付くはずだ。


次に、自民党を初めとする右派の唱える憲法9条改正について、安保を温存したままで、軍事力や国外に拡張した集団的自衛権を認めるならば、最悪の場合、日本の軍隊がアメリカ人のあごで使われることになりかねないと思う。現に「日本、航空自衛隊司令部の横田移転を検討」の記事には、”在日米空軍司令部がある米軍横田基地(東京都)に、航空自衛隊の航空総隊司令部(東京都府中市)を移転する検討に入った”と有るし、「米、陸軍第一軍団司令部 日本へ」という記事もあり、見出しは『「安保逸脱」と政府難色 』とある。


これらをそれぞれ考えるに、安保反対、自衛隊廃止を単純に唱える人間が、真に日本という国、次世代を担う子供達の未来を考えているようには思えないし、安保を温存して憲法9条を改正しようとする人間も、我が国をより一層深刻な米国隷属状態に陥れるようにも感じるが故に、日本と言う国を真に考えているようには思えない。

もし、憲法9条を改正するというのではあれば、安保を保持しつつも、集団的自衛権の適用範囲を、基本的に日本の領土、領海、及び領空のみとし、朝鮮半島については北朝鮮と韓国の統一が実現するまでの時限的なものとすること、中国に対しては中国領域への侵略のための集団的自衛権の発動は行なわないことを何らかの法律で明記する必要があるだろう。

できれば、9条を改正し、安保を失効させて、自衛目的に限定した常備軍を確保し、経済面、軍事面の独立を勝ち取ることが望ましいが、残念ながら、現時点では米国に拮抗するだけの軍事力は、日本一国では保持し得ない。


もし、これらを言明すること無しに憲法9条改正を行なった場合、アメリカの国益のために日本の自衛隊が活動しうると考えて、中国と韓国は態度を硬化させるだろう。その結果、中国対米国の対立の矢面に日本が立ってしまうことが想定される。この場合、中国に対して、かつてのキューバ危機に於ける、キューバを日本が演ずることになる

その対岸にある、安保を放棄する論議については、もし真剣に放棄を行なうならば、少なくとも米国と拮抗できる兵力を保持しなくては日本の独立は危ういものになる。しかし、拮抗した兵力を備えたとしても、国土の面積比の不利を解消する妙案はなく、極めて非現実的で、机上の空論的な発想のように感じる。


以上を考察するに、

北朝鮮問題の「万一」を想定して日本国内の環境を整備するとしても、中国、韓国との協調関係を確保しつつ、アメリカのわがままに振り回されないような策を立てることが必要である
と痛感する。にも関わらず、昨今の日本政府の施策や対処を注視すると、なし崩し的にアメリカだけに有利なように法改正を行なおうとしているような気がする。

|

« プロフィール画面に、マックな人リンクをつくりました。 | トップページ | 参議院選挙 選択 共産党? »

コメント

そこまで、考えてなかった。(挨拶)

 韓支とは仲良くはできないでしょう。ここはアジア全体を見据えて韓支に拘らずに外交戦略を練りたい所。

 憲法は改正すべきであるので、改正した後にアジア連合を結成してアジア地域の防衛をしてはどうか

投稿: 秋津巌 | 2004.06.06 18:41

秋津巌さん、コメントありがとうございます。

私も、現時点で韓国と中国と仲良くなれるとは、残念ですが思えません。この2国に対して、日本は「対等を実現」しなければならないと考えています。この「対等」という意味は、この2国による歴史に対する一方的な認識の強制を断固拒否するということです。


我が国が韓国と中国と敵対して利を得るものは誰か、

を考えれば、仲良くするとかしないとか、できるかとかできないとかを論ずるまでもなく、お互いの国益のために一致できる点が大いにあると思うのです。


また、アジア連合を結成して防衛に当たるとしても、目的を明確化したものでなければ、アジア諸国は受け入れないと思います。その目的は、私が考えますところ、「自国の国益のために先制攻撃を辞さない」という国から攻撃を受けた場合の安全保障に行き着くかと思います。現在、中国はこのような先制攻撃に反対しており、アジアの大きな領域を占めている以上、中国を除外した連合が、諸国の支持を得る事が出来るとは私には思えません。むしろ、諸国は、日本に対して、中国の専行を食い止めるような役割と技術的なサポートを、その連合の中で求めてくるように思います。

アジア諸国の日本への期待を私個人が勝手に考えますところ、アメリカからの攻撃を避けることと、中国からの攻撃を避けるための鎹(かすがい)のような存在でないのかと感じています。そのためには、中国との協調も止むなしという考えです。

例え仲良しではなくとも、お互いの利益のために協調することはできるようには思いませんか?そして、共に繁栄する為にはアジアの平和を維持することが必要だとは思いませんか?


補足となりますが、中国と韓国、そして日本が仲良くなれるためには、両国に於ける反日教育が停止されることと、先の戦争に対する責任云々の要求を止めることが、少なくとも必要だと私は思います。

投稿: へのへの419 | 2004.06.09 16:24

 あとですね、数十年後には米中の決戦があると思うのですが、地理的にも、政治的にもわが国は中間点にいると思いますが、そのときまでには完全に独立した国家として主権を振るいたいですね。
 黄色人種である以上シナに味方したいが、シナの好ましくない性質も気になるし、そうかといって、アメリカにもつけない

投稿: 秋津巌 | 2004.06.12 18:04

はじめまして。おっしゃるとおり、憲法九条は平和のためと言うよりは、日本がアメリカの戦争に引きずられすぎないためにこれまで効果をあげてきました。
「うちにはさー、憲法九条があるからさー、そうそう付き合ってらんないんだよね。あ、そうそう、これってもともとおたく(アメリカさん)から頂いたものだったよね~」
でなんとか済ませてきましたが、小泉首相の決断で、それも出来なくなったわけです、今後は。
中国・韓国との「共闘」についても、潜在的な敵対関係は存在し続けるでしょうが、だからと言って、表面的な敵対関係にするわけにもいきません。
アメリカをこの地域にコミットさせながら、中国を抑える、更には中国とも時には共闘しつつアメリカを抑える。そういう役回りが今後、日本には求められていくのでしょう。なかなか厄介ですが。

投稿: standpoint1989 | 2004.06.18 10:29

マルチレスで失礼します。

>秋津さんへ

忙しくなってしまい、レスが遅くなりました。失礼いたしました。
米中の衝突が起きるかどうかという未来のことは、凡人の私にはよくわかりません。でも、それまでに独立国ならんという気持ちはよくわかります。また、中国も気になるし、アメリカにも付けないという気持ち、私も同感です。

私は、ようやく40代にさしかかる世代です。私が思いますところ、私たちの世代の責務は、右と左に大きく割れた国民感情を真ん中に持ってくることだろうと思います。国民同士が二手に分かれて対立していることは、他国に隙を与えることになるだろうと思います。
そして、私の子供たちの世代は、日本という国が、もうその意味を失いつつある西暦という単位で換算して2000年あまり、そして皇紀で換算して2660年あまりの間、何を確立したか、つまり、我が国の祖先が樹て、育てようとしたものを再認識して、精神的な意味での戦後復興を成し遂げて欲しいを願っています。
さらには、孫の世代には、日本という国が、建国以来、樹ち育て上げてきた精神を、再度、世界に対して問い広めてほしいと願っています。

私にとって、シナという言葉には2つの意味があります。共産主義を国是にして東ユーラシアに強国を構えた中国と、日本人が忘れた日本人の良さを知っている台湾です。将来、日本は、この2つのシナに教えてもらうことがありそうな気がします。中国からは独立国としての気概を、そして台湾からは、忘れていた日本人の良さを。

今は、この国にとって不幸な時代ですが、私は未来を信じたいです。
 
 
 
>standpoint1989 さん、はじめまして。

standpoint1989 さんのブログは歴史的な話題が豊富で、「勉強になる!」と思い、勝手にリンクを登録させていただきました。

同じ考えを持つ方を見つけることができ、たいへんうれしいです。まさに、今の日本は刃の上でバランスをとるヤジロベーですよね。私にとって気がかりなのは、無私の精神を持ち、本当に無欲な政治家をほとんど見つけることができないことです。これらは、政治家が携わるべき課題だろうと思うのですが、積極的に応援できる人物が極端に少ないように感じます。いかがですか?

もし、よろしければ、今後もコメントいただければ幸いです。「同意できないよ、これは」というコメントでも結構です。同意したよというコメントもさることながら、同意しかねるというコメントも、我が身も思い直す良い機会となります。

ではこれからもよろしくお願いいたします。

投稿: へのへの419 | 2004.06.18 23:27

こんにちは。
私などはやや(かなり?)ひねくれていますので、清廉潔白な政治家と聞くと、どうしてもヒトラーや、ジュネーヴで神権政治を行ったカルヴァンなどを思い浮かべてしまいます。
国家と個人の運命が強烈に結び付けられていた時代は、否応なくあらゆる政治家がわが身のこととして国事を考えていたのでしょうが、今は国家の安寧と政治家個人の幸福にずれが生じてしまっているのですね。有権者が目覚めない限りこの傾向はどんどん加速するでしょうし、どうも有権者は目覚めないような気がします。
ただし、政治とは仕事それ自体が報酬であるというような人たちもいるはずで、果たしてその人たちが清廉潔白であるかどうかは分かりませんが、少なくとも利権などの手段として政治を捉えることは、そうした人たちの趣味性とは矛盾しますので、そうした政治趣味者をいかに多く政界に抱えられるかが、今後の日本の舵取りのうえで重要になるように思います。
民主主義についてどうも悲観的であるようですね、私は。

投稿: standpoint1989 | 2004.06.21 08:22

standpoint1989さん、コメントありがとうございます。

私もひねくれてますから、おあいこですね。 (^ ^)v
これからも一つ宜しく御願いします。

コメントを拝見して「ふむふむ、そうだなぁ」と感じた点は、民主主義について悲観的な点です。私も民主主義は完全ではないと感じています。現に、欧米知識人も「他に良い体制がないから、消極的選択だ」と公然と言ってますし。


私が悲観的に感じているのは2つの理由からです。

1つめは、「(民主主義+資本主義)*欧米風の個人主義」では、「権力」という怪物によって民主主義も資本主義も破壊されてしまうと考える為です。現に、米国の言う「民主主義」とは、金持ちが権力を操って、更に金を漁る為の体制に落ちぶれているように感じます。マルクスの共産主義が、権力によって人間が堕落することを計算外としたために崩壊したのと同様に、資本主義、民主主義も権力を計算外としているために、近いうちに崩壊するように思います。そういう意味では、江戸時代の「士農工商」の制度を今一度評価すべきだなと考えています。江戸時代の暮らしに関する書籍を読み始めたところです。

2つめの理由としては、政治は本来究極の道楽でなければならないのに、現在は日々の糧を得る道具や、私欲を満たす為の道具に成り下がっているからです。「究極の道楽」という表現は語弊があるかと思いますが、生きることが保障された時に学ぶことが究極の贅沢であるという考えを頭に思い描いていただければと思います。100年先を考えるような政治を行なうことや考えることは、ある面で欲しい物が手に入ってこの世に未練がなく、時間的な余裕ができた時に為されるもののように感じています。


そういう意味で、近い将来、日本人は、欧米人の民主主義を乗り越えて、独自の価値観をもった国家体制、政治体制を確立しなければならないようにも思っています。

どーんなもんでしょうか。

投稿: へのへの419 | 2004.06.23 21:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31381/706404

この記事へのトラックバック一覧です: 憲法9条と日米安保:

« プロフィール画面に、マックな人リンクをつくりました。 | トップページ | 参議院選挙 選択 共産党? »