« 政治家の外遊>ふざけるんじゃない | トップページ | 幇助という罪:Winny開発者逮捕について »

信仰と宗教:サラーム&シャローム

宗教と信仰は明確に分けて考える必要があると思います。信仰そのものは、彼もしくは彼女の信ずる神の前で素直になるという意味において、その神を問わずに総じて清いものだと思います。しかし、同じ信仰を持つものが集まってできた宗教が、渡部昇一著「ローマ人の知恵」に収録されているリクレティウス「物の本質について」を借りれば、「宗教がけしかけてやらせた悪行が何と大きいことか」の言葉通りに、世界の歴史上の悲劇を数多く引き起きた原因となっていることは事実だと思うのです。それは、我が国においても、神道が国家権力に利用されて強すぎる結びつきを持ったために「神国日本に間違いは無い」といった風潮を作り出し、大東亜戦役を悲劇的な結末に導いてしまったと考えています。

日本人にとって未宗教、無神論が当たり前と考えている方が多いようですが、そう判断するのは尚早かと思います。我が国は未だ先の敗戦の痛手から癒えておらず、つまり、未だに東京裁判の呪縛から目が醒めておらず、その精神的復興をなし得ていないのです。我が国は古来、天皇陛下自らが徳を示し、また実践することで、私たちの祖である国民に徳を樹て、代々それを受け継いできた民族なのです。また、神前において、といっても神棚の前で最初に目にするのは鏡なのですが、人が誰しも持っているであろう善の心、素直な心に神にお見せし、恥じる事のない振る舞いをすることを実践してきました。日本民族は、徳と言うものに最高の価値を置き、それを実践してきました。それは明治維新において日本が西洋と出会った際にどのように表現したよいかと思案したあげく、敢えて「神道」と名付けました。(神宗でも神道教でも神教でもないことにご注目ください)不幸にも、また止むに止まれぬ事情があり、神道は大東亜戦役前、そして戦役中、国をまとめるための旗印とされました。大東亜戦役における太平洋戦争において我が国が負けて以来、この「神道」が現在に到るまでどのような状態になっているかはご存知かと思います。私は、日本人が呪縛から醒めて自分自身の伝統や歴史を再確認する時、「神道」と名付けた、この信仰は再び息づくものと固く信じております。
また、新渡戸稲造氏がキリスト教に共鳴したのは、キリスト教が新渡戸稲造氏にとってそれまで信じていたものよりも優れていたからではなく、それまで信じていた(というよりは生まれてからずっと実践してきた)事の内、博愛という点においてキリスト教が全く一致していたため共鳴したのだと思っております。そういう意味において、どっちの信仰が優れているかという比較は意味をなさず、むしろ、どれだけ自分の隣人を愛することができるかが問題なのだと思います。

サラームと挨拶する者達と、シャロームと挨拶する者達、共に「平和ですか」と挨拶するそれぞれが、その挨拶とはかけ離れた状態になっていることが何に起因しているのか。ちょっと考えてみる必要はないですか?

私は、信仰とは、人に言われて行なうものでも無く、また人を誘って行なうものでも無い。ただ、己が信じる善の心に素直になって、自らを律して、実践することだと思います。人はそんな姿を見て、善しとするならば、同じ行なうを実践するのではないのでしょうか。それ故、私は人を誘って行なうものではないと考えます。

|

« 政治家の外遊>ふざけるんじゃない | トップページ | 幇助という罪:Winny開発者逮捕について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31381/561131

この記事へのトラックバック一覧です: 信仰と宗教:サラーム&シャローム:

« 政治家の外遊>ふざけるんじゃない | トップページ | 幇助という罪:Winny開発者逮捕について »